採用情報

トップページ > 採用情報 > 先輩メッセージ

先輩メッセージ

何か行動しようと考えた時、「出来るか出来ないか」ではなく「やるかやらないか」である
道笑町店 足立 亮
道笑町 足立 亮
高校生の時にアルバイトとして入社し、週3日程度の勤務をさせてもらっていました。当時の店長の人柄の良さもあり、仕事がとても楽しく思えました。
そのアルバイトの仕事の中で、接客の楽しさを覚え、そして寿司を握ること・魚を捌く事に興味が湧きました。
高校を卒業してからすぐに正社員として採用して頂き、今では入社20年になります。
店長になって初めは毎日の業務に追われ、こなすのがやっとという感じでしたが、気持ちに余裕が出来てからは自分自身でいろいろ考え行動できるようになり、それが成果・実績に結び付き、やりがいを感じることが出来ました。
どんな職種にでも同じことが言えるのですが、やはりやりがいを感じれることが大切だと思います。そして、何か行動しようと考えたとき、何よりも大切なのが「出来るか出来ないか」ではなく「やるかやらないか」なのです。
今後も自分自身の成長の為、私を育てて下さった会社の為に努めていきたいと思います。
良かったことは、自分に会いに来たと言ってくれるお客様がいる事です。
学園通り店 清水 亮介
学園通り店 清水 亮介
入社して良かったことは、自分に会いに来たと言ってくれるお客様がいる事です。
「あなたがいると元気になれる」「お寿司が美味しく頂ける」と言われた時に入社して良かったと感じます。
自分が責任を持つ仕事を任される様になった時は、嬉しい気持ちと、しっかり頼まれた事をやり遂げないといけない気持ちを持つようになりました。
店長になり店を見る力、育成、数字をコントロールする力を今学んでいます。
これからも先輩の店長からたくさんの事を学び成長しようと思っています。
きちんとしたマニュアルが整備されていて安心して成長できました。
河北店 田原 伸吾
湖山店 田原 伸吾
私は接客、調理に興味がありこの会社に入社しました。入社当初は覚える事がたくさんありすぎて少々戸惑いましたが、きちんとしたマニュアルが整備されていて、それに基づいてトレーナーに指導してもらい安心して成長できたのが印象です。そして仕事を覚えていくにつれ少し余裕が出てきたのか、来店していただいたお客様にもっと喜んでいただきたい、満足していただきたいという気持ちが芽生えてきて仕事にもやる気が出てきました。入社して1年半頃が経ち店長になりました。一般社員の頃と比べはるかに多い仕事量と管理業務に追われる毎日でした。売上目標や利益管理、部下の育成、指導とかなり大変ですが、その反面やりがいのある仕事だと思います。原価、人件費をコントロールし、部下を育てる事によりお客様から評価をいただき売上げが伸びた時など店長をやってて良かったと思えることがたくさんありました。
今後もお客様から笑顔をたくさんいただける、そんな店作りをしていきたいと思っています。
きちんとしたマニュアルが整備されていて安心して成長できました。
河北店 山方 裕之
河北店 山方 裕之
私はすし弁慶に入社して5年になります。
初めはパートとして働き始めました。
始めのうちはとにかく仕事を覚えることに必死で、余裕の無い毎日でした。
そして、正社員になり、仕事の幅が広がると共に、責任のある仕事も任せてもらえるようになりましたが、やはり日々の仕事をこなす事で精一杯の毎日でした。
そんな自分が今では副店長を経て、店長に任命され人材育成や店舗管理に携わるまでになりました。入社当初は何も出来なかった自分が、店長を出来るまでになれたのも、この会社で色々な事を学び、先輩方から数多くのことを教えていただいたからだと思っています。
まだまだ未熟な私ではありますが、先輩方に少しでも近づけるよう、日々努力しています。今後もお客様から支持される地域一番店を目指し頑張っていこうと思います。
人として成長し続けれる環境で働けていることにとても感謝しています。
駅南店 阪本 純一
駅南店 阪本 純一
僕はアルバイトとしてすし弁慶に働いていた時、製造や接客の楽しさを知りました。そして、正社員となり、魚をさばく事を覚え、発注など店舗運営に関わる事を任されるようになりました。楽しさを感じながら働いていた頃に加え、責任ある業務を任される事で、怒られる事ももちろんありますが、自分自身成長ができ、それが自信に繋がり、仕事に対してよりやりがいを感じるようになりました。今までの経験と成長が実になり、今では店長として、従業員の教育やお客様に喜んでいただける為の店作り等頑張っています。
仕事量の多さや、覚える事が多く大変な事もありますが、僕は、人として成長し続けれる環境で働けていることにとても感謝しています。今後も、たくさんのお客様から笑顔をいただく為に、成長し続けていきたいと思います。
自信を持つことができました。
皆生店店長 前田 幸平
皆生店 前田 幸平
私は学生の時にアルバイトとしてすし弁慶で働き始めました。そこで社員の方や先輩方から厳しく、時に優しく指導を受けました。初めは言われた事しか出来なかった私が自分で考えて行動出来るようになりました。自分で考えることに楽しさを覚え、もっと働きたいと思うようになりこの会社で社員になろうと決意しました。
また、もう一つ社員になりたいと思った要因があります。その当時働いていた店舗の店長に数字について教えてもらいました。売上、人件費、原価率などについてです。数字をコントロールするということにとても興味があり、自分も同じような仕事がしたいと思うようになりました。
この会社でいろんな経験をした事で自信がつき、今の自分があると思います。
今は店長となり、やりたいと思っていた数字についての仕事や人を指導する事などを学んでいます。
これからも「自分ならできる」という自信を持ち、常に成長していきたいと思います。
お客様の期待を常に超えたい
セントラルキッチン主任 中川 孝彦
セントラルキッチン主任 中川 孝彦
私は入社して16年目になります。最初の頃はとにかく毎日が変化の連続でした。店舗では店長も経験させて頂き、大きな責任と同時に様々な事にチャレンジし、達成した時の喜びとお客様の支持を得られた時の喜びは仕事をする中での最大の活力となっています。
現在はセントラルキッチンの主任という立場で店舗へ配送するネタの加工や鮮魚の仕入を担当しています。
様々な納入業者さんとのやり取りはお互いの信頼関係の元で成り立っています。いろいろな方の知恵を頂きながら日々お客様にあっと驚いて頂けるような商品を日々開発中です。
いつの日もお客様の期待を超える商品を出し続けられる様日々勉強の毎日です。

ページトップへ

LINEで送る